リレンザの凄さにビックリする女性

インフルエンザ治療薬は様々な種類があります。その中でもリレンザは世界初の吸入型の抗インフルエンザ治療薬です。リレンザは水がいらないので手軽に服用できるのが特徴です。

医療機関で処方されるリレンザと流行マップ

インフルエンザと言うと非常に恐ろしい流行感冒症であると感じている人も非常に多い事でしょう。それは風邪とは異なり、40度近くの高熱が出てしまうからです。40度の高熱になると人の体には様々な変調が見られるようになります。関節痛が酷くなったり、めまい、激しい頭痛、下痢や嘔吐を伴う事さえあります。大人でも立っていることが難しくなり、会社を休まざるを得なくなってしまいます。高齢者や子供がインフルエンザに感染し、重症になると肺炎や脳症を併発して命の危険さえあると言われています。そのため流行シーズンの11月から2月にかけては新聞やテレビ、ネットで発表される厚生労働省のインフルエンザ流行マップなどを参考に、万全の感染対策を講じることが大事です。一番良いのはこうした流行マップが発表される前の9月ころからインフルエンザの予防接種を受けておくことと言えます。予防接種してもすぐにインフルエンザの抗体がつくられる訳ではありません。9月頃から打っておくことで丁度、流行シーズンに抗体ができ感染予防対策とすることができます。しかし高齢者や持病がある人はインフルエンザの予防接種に慎重にならなければいけません。それは副作用が生じたり、持病が重症になる事があるからです。そのため持病がある人や高齢者は、予防接種よりも医療機関で処方される治療薬のリレンザなどを感染予防対策に用いると良いでしょう。流行マップを参考に自分の住む地域のインフルエンザ感染者が増えてきたら医療機関で相談し、リレンザを処方してもらい予防として吸入しておくと良いでしょう。肺に薬が充満することで、万が一肺にウイルスが侵入しても増殖が抑制されて重症になりません。