リレンザの凄さにビックリする女性

インフルエンザ治療薬は様々な種類があります。その中でもリレンザは世界初の吸入型の抗インフルエンザ治療薬です。リレンザは水がいらないので手軽に服用できるのが特徴です。

リレンザの特徴と下剤との関係

インフルエンザの治療薬として、タミフルが有名ですが、最近では吸入タイプのリレンザも広く使用されるようになりました。
タミフルは薬の成分が前進にいきわたって、作用するのに致死、リレンザはのどや肺を含めた気管のみという違いがあります。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスが、飛沫を通して、のどや肺に付着することで感染します。
そのため、患部は、全身ではなくこの部分に集中しています。
タミフルと違って、吸入するタイプの薬なので、水がなくても飲むことができるというメリットがあります。携帯すればどこでも手軽に服用する事ができるので、仕事で忙しいという人でも、忘れずに服用を続けることができます。
ただ、デメリットとして、吸入型の薬を使ったことがない場合には、多少飲みづらいかもしれません。
吸入がうまくできない幼児や高齢者は、リレンザは処方されません。
タミフルは、2009年に流行したAソ連型インフルエンザで、タミフルに耐性のあるウイルスが広まってしまい、感染者の中でタミフルが効かなくなるという現象がおこりました。
このAソ連型インフルエンザに対しても、効果があったため、リレンザの需要が高まりました。
リレンザはブリスターという容器に入った粉末の薬を、専用の吸入器にセットして、吸入するのが特徴の薬で、粉末なので粘膜に直接働きかけることができ、タミフルでは十分に行き届かない気道に対して、吸入式は迅速に薬剤を届けて、ウイルスの増殖を抑えることができます。
そのため、飲み薬であるタミフルとは服用方法が違います。
副作用が少ない薬ですが、薬である以上リスクはゼロではありません。
どうしても便秘が長引くようなら、医師に相談して下剤や浣腸をしようするとよいでしょう。