リレンザの凄さにビックリする女性

インフルエンザ治療薬は様々な種類があります。その中でもリレンザは世界初の吸入型の抗インフルエンザ治療薬です。リレンザは水がいらないので手軽に服用できるのが特徴です。

リレンザでインフルエンザの感染から赤ちゃんを守る

インフルエンザにかかった時、どんな治療を選びますか。インフルエンザは基本的に風邪と同じで、解熱剤を使用しながらじっくり静養することで治癒します。薬剤耐性ウイルスの出現が問題になっており、闇雲に抗インフルエンザ薬を使用するのは考えものです。ですが、赤ちゃんを含めた幼少者や、高齢者が感染すると、肺炎や脳炎などの合併症から命に関わることがあるため、注意が必要です。家庭内にこういったハイリスク者がいる場合、かかっていることが分かったらリレンザなどの高インフルエンザ薬を使用することで、体内でのウイルス増殖を抑えて、感染拡大から守ることができると考えられます。リレンザなどの効き目は、ウイルスを殺すことではなく、あくまで増殖を抑えることなので、増殖を始める発症後48時間以内がもっとも効き目があるとされています。ところで、インフルエンザは高い流行性が問題になりますが、予防接種で流行を抑えることができます。1歳未満の乳児や、幼児での予防効果は低いのですが、学童期から成人での予防効果は高いです。ですので、予防効果の期待できる集団がワクチンを打ったり、感染の拡大が懸念される場合に十分な期間の学級閉鎖をすることで、集団での感染拡大を十分に抑えることができます。逆に、インフルエンザにかかってしまってから抗インフルエンザ薬を用いた場合、周辺への予防効果は十分とは言えません。予防接種は自費診療になり治療と比較して高コストですが、インフルエンザに罹患し仕事を休むケースとシミュレーションした場合のコストパフォーマンスは、予防接種を受けるほうが高いとも考えられています。
また、赤ちゃん、特に新生児期には、抗インフルエンザ薬は使えません。家族みんなで予防接種を受けて、家庭内にインフルエンザを持ち込まない工夫を、流行期以前から始めることが重要です。