リレンザを知ろう!

リレンザの凄さにビックリする女性

インフルエンザ治療薬は様々な種類があります。その中でもリレンザは世界初の吸入型の抗インフルエンザ治療薬です。リレンザは水がいらないので手軽に服用できるのが特徴です。

リレンザと他のインフルエンザ治療薬の違い

インフルエンザになった時、以前は解熱剤で対処するくらいしか方法がありませんでした。
ですが、インフルエンザ治療薬に保険が適用されるようになってから、インフルエンザの患者にその治療薬が処方されるようになりました。
症状を抑える薬になります。
インフルエンザウイルスは体の中で細胞に入り込みます。
それから自分と同じ形のウイルスを作ります。
つまり増殖するということです。
それによってインフルエンザになってしまいます。
インフルエンザ治療薬には、ウイルスが広がることを防いで、ウイルスによる症状を抑える作用があります。

例えばタミフルはA型とB型に有効です。
ですが、B型に対しては効果が弱いです。
C型に対しては効果がないです。
また腹痛や異常行動、また下痢、吐き気など消化器症状が出ることがあります。
副作用があるのです。 リレンザについてはタミフルと同じでA型とB型の両方に有効です。
なおリレンザの使用方法に関してはタミフルとは違います。
吸入薬なので、専用の吸入器で吸入する方法になります。
少し大変な方法です。
タミフルなど他のインフルエンザ治療薬は経口薬になります。
副作用については、リレンザの副作用は出にくいです。
体への吸収が緩やかな吸入薬であるゆえです。
ただ、吸入薬なので、気管支や肺など呼吸器の症状がある人が使用すると、症状が悪化することがあります。

インフルエンザ治療薬はリレンザやタミフルの他にもあります。
新薬のイナビルなどです。
イナビルはリレンザと同じ吸入薬です。
このイナビルの副作用については、新薬ですから充分には分かっていません。
どの薬がより優れているということではなく、それぞれ一長一短です。
これらの治療薬はあんしん通販薬局で買うことができます。
気になる方は購入してみましょう。

リレンザ服用したら脱毛になる?

リレンザの副作用として時折疑問が出てくるのが脱毛に関してです。
インフルエンザに感染してリレンザを使い始めた後で入浴した際に抜け毛が多くなったと感じる人がいるためにこうした疑問は出てくるものになっているのですが、基本的にリレンザに脱毛の副作用はありません。
体質的に薬を飲んだことで抜け毛が促進されたということが絶対にあり得ないわけでは無いですが、少なくとも現状のリレンザに関する報告でそうした副作用が明確に確認されたというものはないのです。
体質的にあり得るとしてもそれは本当に限られた稀なケースでしょうから、これまで薬を飲んだことで何らかのアレルギー反応が出たり同様の脱毛症状があったなどの場合を除けばほぼあり得ないと言って良いでしょう。
ですが実際に脱毛の副作用があったと感じる人がいるのはなぜかというと、原因として最も考えられるのは入浴に時間が空いたことです。

そもそも人の髪の毛というのは毎日抜け落ちているものであり、そうした抜け毛がまだ生えている髪の毛に絡まって頭に残っていたということはよくあります。
そうした絡まった抜け毛は入浴時の洗髪で落とされるのですが、インフルエンザに感染して高熱が出るとそれが落ち着くまでは入浴をしない人が多いです。
そうなると頭に絡まって残った抜け毛も多くなりますから、数日置いて入浴した際に絡まった抜け毛が洗い流されたことで抜け毛が多くなったと感じる可能性は極めて高いでしょう。

もちろん気になるようであればリレンザを処方した医療機関に相談したり、皮膚科などで検査を受けることも可能です。
ただリレンザの副作用として脱毛は報告されていないわけですから、大半のケースでは気のせいと考えて良いでしょう。

乳児のリレンザ服用はOK?

リレンザはインフルエンザA型とB型の治療に使われる薬であり、予防にも役立つことが分かっています。
副作用の少ない薬として知られていますが、全く副作用の心配がないというわけではありません。

リレンザの副作用としてはまず、下痢や嘔吐、発疹などが挙げられます。
これらの症状は発生する頻度が少ないですし、もし発症しても軽い症状で済む場合がほとんどです。
しかし、症状が酷い場合やなかなか改善しないという場合、ドクターに相談した方が良いでしょう。
また、頭痛や腹痛などが起こる場合もあると言われています。
インフルエンザにかかると頭痛や腹痛、下痢、嘔吐なども症状が出ることもあるため、薬による副作用なのかどうか分かりにくいこともあります。

流行が迫っているインフルエンザの予防としてリレンザを使った際に気になる症状が出た場合、副作用の可能性があるので注意しましょう。
リレンザは吸引タイプの薬であり、気管から直接インフルエンザウイルスを攻撃していくことになります。
そのため喉や呼吸に違和感を覚えることもあるため、かなり息苦しいと感じたら病院でドクターに相談しましょう。
この薬には水無しで服用できるというメリットもありますが、喘息などの症状がある人が服用した場合、症状が悪化してしまうこともあるのです。
そのため呼吸器系を患っている人にリレンザが処方されることはないということです。

また、リレンザを服用した際に異常行動が出ることもあると言われています。
これはタミフルでも同じように起こることなのですが、特に子供がインフルエンザ治療薬を服用した際に起こりやすくなっています。
リレンザは乳児にも利用できるのか気になっている人もいるでしょう。
しかし、この薬は5歳以上限定となっており、5歳未満の子供に対してはタミフルなどの薬が使われることになります。